2004年08月17日

ポロと旅する−2004年夏休み(その3:渋温泉)

渋温泉の宿は「金具屋」。
渋温泉 金具屋
宮崎アニメの「千と千尋の神隠し」の舞台:油屋のモデルとも言われている所。
通された部屋は改装したてできれいだったが、建築暦が長い旅館の常で、たどりつくまでが大変。
まずは、この時間帯の男性用大風呂「鎌倉風呂」と「露天風呂」へ。
源泉かけながしでお湯は熱め。硫黄のにおいが充満。
風呂上りに、温泉街散策。
 
共同浴場をのぞいたりしてみて、一番湯と九番湯に入る。
ずいぶん行儀のいいネコ  渋温泉行儀のいいネコ
 
宿に戻って、大広間で食事。
地の物をうまく使っている。
食後はすぐ寝てしまい、夜中に起きて、「浪漫風呂」と貸しきり湯5つを全て制覇。
 
朝、起きて散歩がてら、昨日回りきれなかった温泉街の上流部分を回り、共同湯のうち4、5、6、8番湯に入ってから、宿に戻り朝食。
朝食後、部屋の近くの貸しきり湯に入り、9時前に宿をチェックアウト。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 01:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行と温泉の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
BlogPeople.gif
BlogPeople検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。