2004年03月30日

車遍歴2―トヨタ・カローラ1600GT(1987年式)

ワンダーシビックは、いい車だったが、3ドアであまり荷物が乗らないのと、腰を痛めマニュアル車ではしんどいので、4ドアセダンでAT車を探す事にした。
ちょうど、カローラ/スプリンターがFMCして新型になり、かなり品質感を高めてきたので、パルサーセダンと比較した結果、カローラセダン1600GTにした。色は、当時はやりのスーパーホワイト。
前のシビックは1Lで最悪でも13Km、よければ18Km走ったが、今度は通勤中心で8〜9Km、長距離でも12〜13Km/Lとあまり伸びない。車重が1050Kgで120馬力だから、加速感とかは良かったのだが、その分ガソリンは食うということか。
あまり強い印象は残らなかったし、2年半くらいで次のクルマに乗り換えてしまった。

カローラ
なお、この画像は同じ型式で同じ色のものをWebから拾ってきたもので、自分の車ではありません。


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 22:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | クルマとか他の乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

懐かしの我が愛車 その5  トヨタカローラ1600GT
Excerpt: 懐かしの我が愛車 その5  トヨタカローラ1600GT 以前の記事からの続き 「羊の皮を被った狼」という言葉そのもののクルマだった。車両型式はAE92と呼ばれている。AE92という..
Weblog: 湘南のJOHN LENNONの独り言
Tracked: 2006-07-15 10:14
BlogPeople.gif
BlogPeople検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。