2005年11月27日

韓国は日本人がつくった

黄文雄著/韓国は日本人がつくった(WAC出版)←リンクは出版社のもの
竹島問題、教科書問題、靖国。俗に「反日3点セット」といわれる、反日・抗日勘定の原因は1910年の日韓併合からはじまった「日帝36年」にあるといわれている。だが、その「日帝36年」がなければ、韓国自身ではその悪しき伝統・慣習などを断ち切って、近代化を達成することはできなかったと著者は断言する。日本は血税を払って、韓国にインフラを整備し、近代化を推進したのだ。「日帝36年」の隠された真相を、黄文雄が明快に解き明かす!
   ↓
<書評>
作者は台湾生まれの人です。
自分も「自虐史観」には辟易してますが、日韓関係について、日本人・韓国人のいずれが語っても相手側には説得力が生まれませんので、第三者の立場から書いたものが役に立ちます。
戦後、韓国が発展したのも日本の一部だった時代の基礎があったからだし、北朝鮮にいたっては、日本時代のインフラがいまでも使われてます。
教育・インフラ・産業、あらゆる面において、日本が台湾と朝鮮半島に対して持ち出しで整備したのです。
その証拠に、日本時代に大幅に人口が増えているのです。
略奪の限りを尽くしていたとしたら、人口って増えますか?
まあ、地理的・時代的・自然的背景から仕方ありませんかね。。。

これ以上厳しいこと書きたいんだけど、ここではなく別のところでまったく違うHN使って書こうかな?
そのために、用意してあるブログあるし。。。

posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9857888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

韓国大統領「対日カード」効果消失?
Excerpt: 11月26日の産経新聞の記事として韓国の大統領について非常に興味深いニュースが掲載されました。 以下引用 【ソウル=久保田るり子】日韓関係は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝、歴史認識問題、竹..
Weblog: BBの独り言
Tracked: 2005-11-27 15:39

日韓併合について、そのまんま考えてみる。
Excerpt: 「なぜ韓国人は日本人を嫌うのか?」を考察する歴史リーズ 最終部です。 ガンダムでいうと、「逆襲のシャア」に当たります。(謎) 今回の話題は「日韓併合」です まず 日本にとって朝鮮半島は..
Weblog: しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
Tracked: 2005-11-27 22:44
BlogPeople.gif
BlogPeople検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。